生命科学科 仲 章伸 教授の共同研究論文が発表されました。

生命科学科 仲 章伸 教授の共同研究論文が発表されました。

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年2月18日(木)
倉敷芸術科学大学生命科学部 生命科学科 教授 仲 章伸 先生と広島大学名誉教授 石川 満夫 氏と九州大学先導物質化学研究所 吉澤 一成 氏との共同執筆論文が発表されました。論文のタイトルは、「Thermal behavior of benzobis(tetraethyldisilacyclobutene)」で1つの分子に、ケイ素-ケイ素結合を含む四員環を2つ持つ化合物の熱的挙動に関する論文です。ドイツの学術出版社De Gruyterの”Zeitschrift für Naturforschung B”に掲載されています。

Zeitschrift für Naturforschung B

生命科学科 仲 章伸 教授の共同研究論文が発表されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする