【COC事業】炊飯シミュレーション実習を実施しましたvol.14

※ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成28年度1月27日(水)炊飯袋を使用した炊飯シミュレーション実習を実施しました。
 今回は、総勢20名で炊飯袋を使用して、まかない君(炊き出し用機材)を使い炊飯を実施しました。今回は、参加者が思い思いの具材を持って参加して炊き込みご飯づくりに挑戦しました。出来上がりは、上手に出来た人、うまく炊けなかった人と個人個人のむらがあったと感じました。むらが生じた理由は、味の濃い物の場合、ごはんが水をあまり吸わなくて芯が残った感じになりました。次回は、味が濃い物については水の量を増やして挑戦してみようと考えています。
 また、今後の炊出しを見越して大学の周りで切り出した木材を使ってまり割を実施しました。この薪を乾かして今後炊出しの際に利用するように準備をしました。大杉先生以外は、薪割未経験者初めての体験で割れた時にはみんなが拍手をするほどの盛り上がりがありました。
 今回までの実習等を分析し、次年度(4月以降)の取組に繋げていきたいと考えております。

炊飯シミュレーション実習 大杉忠則先生 テントを広げる様子 テントを建てる様子 材料の準備 炊き出し 木を切る学生さん 薪を割る大杉先生 薪割りの様子 薪割り 炊き込みご飯試食の様子 試食する大杉忠則先生


本サイトに掲載されている記事、写真、イラストなどは日本国著作権法および国際条約により保護されています。
詳しくは「著作権について」をご確認ください