創立20周年記念「芸術学部ホームカミングデイ」開催しました

創立20周年記念「芸術学部ホームカミングデイ」開催しました

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年1月24日(日)13:30~17:00、創立20周年記念「芸術学部ホームカミングデイ」が開催されました。
1号館において、近藤 研二芸術学部長による挨拶の後、「創立20周年によせて」と題する記念座談会がスタート。
児島 塊太郎副学長による進行で、蛭田 二郎先生、高橋 秀先生、小谷 眞三先生、小西 通雄先生、田村 鎮男先生が、大学で心がけられた指導や芸術に対する思い、卒業生への熱いエールなどを述べられました。
また、記念座談会終了後は、厚生会館に会場を移して懇親会も開催。
懐かしい先生や同級生、先輩・後輩との談笑に花が咲いていました。

記念座談会「創立20周年によせて」

ホームカミングデイ記念座談会

蛭田 二郎先生:「『己を彫り込んでいく』ことが大切」

蛭田二郎先生

高橋 秀先生:「『自分が自分をどう見つめるのか』を体感して欲しい」

高橋秀先生

小谷 眞三先生:「この大学を神様のように思ってください」

小谷眞三先生

小西 通雄先生:「個性・感性を生かして成果を残してほしい」

小西通雄先生

田村 鎮男先生:「本当に大切なのは『人間学』」

田村鎮男先生

懇親会風景

小西通雄先生と卒業生 張慶南先生と卒業生 懇親会風景

創立20周年記念「芸術学部ホームカミングデイ」開催しました
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする