「鐔Make」ワークショップで体験ワークショップを実施しました

「鐔Make」ワークショップで体験ワークショップを実施しました

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成27年11月22日(日)「鐔Make」ワークショップで体験ワークショップを実施しました。瀬戸内市教育委員会やモノラボ瀬戸内と連携し、レーザー加工機でオリジナルの鐔を作るワークショップや、3Dプリンターを用いた出土品の複製・復元の展示などを行いました。

 備前福岡大市のイベントにあわせて、備前福岡郷土館・モノラボ瀬戸内でワークショップは開催されました。
まず、長船刀剣博物館の学芸員より、刀や鐔について大変興味深いレクチャーがありました。
 次に、参加者は3種類から外形を選び、鐔に施す彫刻を用紙に描きます。それをスキャンし、モノラボ瀬戸内のレーザー加工機でアクリル板を彫刻し切り出します。アクリル板とはいえ、黒色マットで良い質感です。1枚あたりの加工時間は約15分かかります。
3回のワークショップは満員で、それぞれ自らデザインした鐔を手にした参加者は嬉しそうでした。また、会場には瀬戸内市内で出土した須恵器(陶器)を3Dプリンターで複製・復元した展示もあり、実際に3Dプリンターで出力される様子を直に見ることもできました。

鐔メイクワークショップ鐔Makeのテンプレート刀の鐔をつくる様子レーザー加工機3Dプリンターを用いた出土品の複製、復元の様子

「鐔Make」ワークショップで体験ワークショップを実施しました
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする