高大連携事業 吉備高原学園高等学校vol.11

高大連携事業 吉備高原学園高等学校vol.11

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成27年11月20日(金)吉備高原学園高等学校の情報システムコースの学生さんと生活デザインコースの学生さん総勢34名が授業体験学習に参加しました。
情報システムコースは、電子基盤を使った実習を中心に実施しました。授業開始時にはドローンについての紹介もあり、学生たちは興味深々に経営情報学科村山教授の話を聞いていました。

村山教授ドローンの紹介


また、生活デザインコースの学生さんたちはデザイン芸術学科森島准教授の指導のもと、絞り染の体験授業を実施しました。どの工程も初めての取組で学生たちは、楽しみながらデザインを考え糸やサランラップ、割りばしなどを布にくくりつけていきました。染めこんだ結果、みなさんオリジナルハンカチが完成しました。満足のいく体験授業になりました。

絞り染の体験授業の様子 絞り染中 アイロンをあてる森島准教授 オリジナルハンカチ作成

高大連携事業 吉備高原学園高等学校vol.11
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする