北川村・倉敷芸術科学大学包括教育連携協定事業vol.2

北川村・倉敷芸術科学大学包括教育連携協定事業vol.2

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

北川村・倉敷芸術科学大学包括的教育協定の取組を平成27年11月12日(木)~13日(金)まで高知県・北川村にて実施いたしました。
 芸術学部デザイン芸術学科2年生の学生7名が北川中学校の生徒29名を対象に絵画指導を実施しました。
 学生達は、北川村の歴史等について学び、翌日北川村の生徒に対し、北川村にある「モネの庭」で絵画指導を体験しました。生徒達は「モネの庭」から北川村を見下ろす風景をスケッチブックに描き、本学学生から講評を受けました。

 北川中学校の校長先生も授業を参観してくださいました。
校長先生は学生の作品に関するコメントについて、生徒達が絵画で表現することに自信を持たせるものだった、と評価されていました。
 本学学生達も、中学生に指導する体験を通して美術教育への関心が高まりました。

中学生を指導する様子 北川村での絵画指導 中学生に指導する体験 北川中学校生徒に絵画指導
 

北川村・倉敷芸術科学大学包括教育連携協定事業vol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする