岡山の昔話を聴講しました

※ご注意!この記事は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

 平成27年11月13日(金)「瀬戸内の文化と観光」の講義内において「吉備路伝統を語る会」うぐいすの会のみなさんより、吉備に伝わる昔話を聴講しました。
 4人の語り部さんからのお話は、非常に面白く岡山弁が話を盛り上げていました。お話してくださった演題は、源平合戦(藤戸)、与市の天のぼり、大原孫三郎と石井十次、犬のごろ太郎でした。
 昔話のいいところはイメージ(クリエイティブ)するものが、人それぞれ違ったものをイメージできるが、最近はテレビをつけて見えるものはみんな一緒の映像を見ているため、イメージすることがなくなっている。昔話にふれることで得られるイメージは大切にできるようにできればと考えています。(濱家談)

濱家輝雄教授 うぐいす会の皆さま 昔話を語るうぐいす会の方 昔話を清聴する学生さん 犬のごろたろうの話


本サイトに掲載されている記事、写真、イラストなどは日本国著作権法および国際条約により保護されています。
詳しくは「著作権について」をご確認ください