【COC事業】備災・減災力育成研究 避難行動分析のための撮影を実施

【COC事業】備災・減災力育成研究 避難行動分析のための撮影を実施

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成27年8月28日(金)本学において毎年実施している防災訓練において、備災・減災力育成研究のテーマの一つ、避難行動分析の記録映像の撮影を同時に実施しました。

今回は、大地震発生後、芸術学部長室より火の手が上がったとのことを想定して、避難行動を開始。また、初期消火活動やけが人等の搬送など一連の行動分析を収録し、今後これを元に行動分析の研究を進めていきたいと考えています。

キャンパス内に煙が出る様子 防災訓練の様子 キャンパスでの放水の様子 担架で負傷者を運ぶ訓練 担架で負傷者を運ぶ様子(訓練) 防災訓練状況確認 防災訓練エントランスに集合

【COC事業】備災・減災力育成研究 避難行動分析のための撮影を実施
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする