【COC事業】玉島プラットフォームにてワークショップ開催 Vol.3

【COC事業】玉島プラットフォームにてワークショップ開催 Vol.3

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

芸術学部ではCOC事業にて、玉島に拠点を設けて地域内で地域連携を行っています。

8月29日(土)には、玉島まつりにて、玉島商工会のゆるキャラ「たまべえ」のペーパークラフトワークショプと「たまべえキャラクターバルーン」の展示を行いました。

14:00~「玉島ご当地応援隊」隣のテントでブースを設営しました。

倉敷芸術科学大学デジタル工房玉島まつり

16:00~21:00「玉島まつり」が開催。雨模様の中、人出が徐々に増えてきます。子供を中心に多くの来場者がペーパークラフトのワークショップに参加し、約100枚用意したペーパークラフトがほぼ無くなりました。
少し難易度は高かったかと思われましたが、工夫してなんとか自分で組み上げる子もおり、皆楽しんで頂けたようです。

たまべえペーパークラフトペーパークラフトたまべえペーパークラフトを作る様子

ところで、たまべえバルーンには少し秘密があり、口のチャックを開けると長い舌が勢い良く飛び出ます。この仕掛けにも驚き楽しんで頂けました。

たまべえバルーンベロが飛び出すたまべえバルーンベロを出すたまべえバルーン

皆さんが持っている「たまべえうちわ」、かわいいと好評でしたが、メディア映像学科コミックイラストコースの学生さんがデザインしました。

【COC事業】玉島プラットフォームにてワークショップ開催 Vol.3
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする