「ジョルジュ・ルオー展」でライブ・ペインティングを実施しました

「ジョルジュ・ルオー展」でライブ・ペインティングを実施しました

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

7月19日(日)、高梁市成羽美術館にて開催中の「ジョルジュ・ルオー展」にて、芸術学部美術工芸学科(現:デザイン芸術学科)油画コース3年生9名が、「私にとってのルオー」というタイトルでライブ・ペインティングを行いました。
2.1m×10.0mという大画面中央にルオー作品「マドレーヌ」の印象的な目の部分を描き、周辺に作品から受けたさまざまなイメージをちりばめました。
多くの観覧者の方々が続々と変わる画面を楽しんでくださり、山陽新聞社、RSK山陽放送などマスコミからの取材も受けました。
作品は会期中の8月16日(日)まで展示されます。

ライブペインティングをしている学生たち

ライブ・ペインティング中の学生

「ジョルジュ・ルオー展」でライブ・ペインティングを実施しました
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする