広島県広島市で起きた土砂災害支援募金活動実施

広島県広島市で起きた土砂災害支援募金活動実施

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

広島市で起きた土砂災害の被災者を支援しようと、本学の学生を含む県内の大学生有志が9月6日(土)岡山市北区駅前町のビッグカメラ岡山駅前店や旧マクドナルド岡山駅前店周辺で義援金の募金活動を行いました。
8月下旬に宮城、岩手県で行われた東日本大震災復興支援ボランティアに参加した学生達の有志が発案しました。産学官連携組織の「大学コンソーシアム岡山」の協力を得て、本学、岡山理科大など6大学の15人が、約6時間街頭に立ち支援を呼びかけました。
寄附された浄財は、広島県共同募金会へ全額寄託し、被災者の生活支援などに活用してもらいます。

写真①

募金活動

整列した写真の左から3人目が、本学健康科学科1年 杉林大旗(すぎばやしだいき)君です。

写真① -1

杉林大旗くん同上

写真② 山陽放送の取材を受けている学生たち

山陽放送の取材を受けている学生たち

写真③ ビッグカメラ岡山駅前店前での活動の様子

ビッグカメラ岡山駅前店前での活動の様子

広島県広島市で起きた土砂災害支援募金活動実施
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする