着衣水泳教室が開催されました。

着衣水泳教室が開催されました。

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成26年7月24日(木)健康科学科(救命救急士コース)教授 大川先生を中心とし、水難事故防止のための着衣水泳教室を小学生に向けて開催しました。

場所:ヘルスピア倉敷 屋外プール(倉敷芸術科学大学施設)

服を着たまま泳ぐ訓練ではなく、誤って川や池に落ちた際に、靴や着衣の浮力を利用してあおむけに浮きながら安全に救助を待ち、水難事故死や二次災害を防ぐという対処方法です。

専門家の指導のもと、小学生並びに救急救命士コースの学生が参加して、実際に着衣のままプールに入り対処方法を学んでいました。

着衣水泳教室着衣のままプールに着衣水泳教室説明着衣水泳教室実演着衣のまま浮かぶ練習着衣のまま浮かぶ学生

着衣水泳教室が開催されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする