高大連携事業 英数学館高等学校vol.5・6

高大連携事業 英数学館高等学校vol.5・6

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成26年7月11日(金)、7月18日(金)に高大連携事業で英数学館高等学校 動物医療コース生徒さんが来学され、健康科学科の学内見学を行いました。

7月11日(金)山野先生の「テーピング理論」を本学の学生と一緒に講義を受けました。また、本学の学生たちの実習している様子を見るとともに実際に自分たちにもテーピングを巻くなど実践していました。

テーピング実践テーピングを教える山野先生日本におけるテーピングの流れ

7月18日(金)枝松先生の「反射」について講義を受けました。
反射測定する機器をもちいて、トレーニング前と後ろの測定を比較すると、ほとんどの方が記録を更新していました。
その後は、反射についての講義を受けました。

反射についての講義反射について実践反射について実践中

高大連携事業 英数学館高等学校vol.5・6
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする