生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.3

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.3

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年1月15日(金)
倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 教授 仲 章伸 先生と広島大学名誉教授 石川満夫 氏と九州大学先導物質化学研究所 吉澤一成 氏との共同執筆論文が発表されました。論文のタイトルは、「The chemistry of benzodisilacyclobutenes and benzobis(disilacyclobutene)s: New development of transition-metal-catalyzed reactions, stereochemistry and theoretical studies」でケイ素-ケイ素結合を含む四員環化合物の合成とその特異な反応性に関する総説です。「イギリス王立化学協会」のHPに掲載されています。

詳細については、以下の画像をクリックし「イギリス王立化学協会」のHPをご覧下さい。

Publishing

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.3
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする