芸術学部 草野教授が応用物理学会論文賞受賞。

芸術学部 草野教授が応用物理学会論文賞受賞。

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2015年9月17日(木)

倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科 教授 草野 圭弘 先生が応用物理学会の論文賞を受賞しました。これまで合成が困難と考えられていた窒化鉄の単相の合成に成功し、その磁気特性を明らかにした論文です。資源が豊富な鉄と窒素からなる物質で、希土類元素(レアアース)を含まない磁石材料として注目されています。論文は公益財団法人応用物理学会のホームページ(第37回(2015年度)応用物理学会論文賞 受賞者紹介)にて期間限定で閲覧することができます。

草野圭弘教授 応用物理学会論文賞

芸術学部 草野教授が応用物理学会論文賞受賞。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする