卒業生活躍情報vol.42

卒業生活躍情報vol.42

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2015年7月11日(土)
倉敷芸術科学大学の卒業生が社会で多数活躍しています。その近況をお届けする企画です。皆様の周囲で活躍中の卒業生をぜひご紹介下さい。

キミとなら、強くなれる。バケモノの子ポスター

大森 崇さん(1999年度芸術学部美術学科卒業、2期生、出身校:岡山県学芸館高等学校)。大森さんは、現在、公開中の映画バケモノの子を制作したスタジオ地図にてアニメーションの美術監督として活躍されています。スタジオ地図は、細田守監督作品の制作拠点として『おおかみこどもの雨と雪』制作時に立ち上がった世界で最も小さなアニメーション映画制作会社です。「地図」というスタジオ名は細田監督がつけました。(スタジオ地図の制作映画:時をかける少女サマーウォーズ

大森 崇さん略歴

2000年3月 芸術学部美術学科卒業
2000年4月 大学院芸術研究科美術専攻進学
2001年4月 スタジオジブリ入社
2015年1月 フリーランスに転身後、現在スタジオ地図に在籍

大森さんのプロフィール

特技:一日中寝ていられる。
趣味:映画鑑賞、読書など
携わった作品:風立ぬ、思い出のマーニーなど

以下の写真は、スタジオ地図の美術制作デスクの様子です。

スタジオ地図の美術制作デスクその1 スタジオ地図の美術制作デスクその2 スタジオ地図の美術制作デスクその3 スタジオ地図の美術制作デスクその4 スタジオ地図の美術制作デスクその5

卒業生活躍情報vol.42
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする