五感で感じる和の文化事業創生劇場『Ophelia Glass-暗黒ハムレット』について

五感で感じる和の文化事業創生劇場『Ophelia Glass-暗黒ハムレット』について

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

五感で感じる和の文化事業 創生劇場『Ophelia Glass-暗黒ハムレット』(詳細は以下をご参照ください。)において、本学卒業生 平井 裕樹さん(2014年度芸術学部美術工芸学科16期生)が舞台制作チームに加わり、映像と音楽を制作しました。
ぜひ足をお運びください。

Ophelia Glass-暗黒ハムレットポスター

日時 2015年3月7日 (土) 16:00開演、15:30開場(15:00受付開始)
会場 先斗町歌舞練場(京都市中京区先斗町三条下ル)
内容 土方巽に師事した山本萌(金沢舞踏館主宰)を演出に、現代、古典の多様な身体をまじえて、「ハムレット」の物語を紡ぎます。
創生劇場「Ophelia Glass-暗黒ハムレット-」では、山本萌を演出に、伝統芸能に精通している小林昌廣(IAMAS教授)を脚色に招き、オフィーリアの視点から「ハムレット」の物語を紡ぎます。出演は、日本舞踊、能、狂言、浪曲、華道、ダンス、舞踏と幅広い分野の演者たち。約1ヶ月間のクリエーションを経て、現代・古典のさまざまな身体がぶつかり合うなかで新たな表現を模索し、一つの舞台を創作します。
主催 京都市、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)
企画制作 京都芸術センター 平成26年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問合せ先 京都芸術センター TEL.075-213-1000
五感で感じる和の文化事業創生劇場『Ophelia Glass-暗黒ハムレット』について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする