生命科学科の地域貢献活動についてvol.2

生命科学科の地域貢献活動についてvol.2

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年12月6日(土)
倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 教授 仲 章伸 先生が倉敷市立連島東小学校へ出張講義に行きました。「身近なケイ素を体験しようパート2」というテーマで小学生の皆さんとその保護者(参加者約30名)へ化学の楽しさを実験を通じて体験して頂きました。第2回目の今回は、「プラスチック消しゴム作り」と「水ガラスを使ったスーパーボール作り」です。
※前回の様子は「生命科学科の地域貢献活動についてvol.1」をご確認ください。

お話をする仲章伸教授 実験をはじめる小学生と仲章伸教授 実験の様子 仲章伸教授と小学生 実験の様子 仲章伸教授出張講義の様子

生命科学科の地域貢献活動についてvol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする