【COC事業】「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」へ学生が参加しました。

【COC事業】「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」へ学生が参加しました。

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年11月2日(日)~ 2014年12月25日(木)
倉敷芸術科学大学芸術学部の学生さん達が「ImagineeringOKAYAMA ARTPROJECT(イマジニアリング オカヤマアートプロジェクト)」にボランティアスタッフとして参加しました。また本プロジェクトは、本学芸術学部デザイン芸術学科 教授 森田 亜紀 先生、同学部同学科 教授 松岡 智子 先生、同学部同学科 助教 川上 幸之介 先生、同学部メディア映像学科 准教授 丸田 昌宏 先生も参加しています。オープニングセレモニー( 2014年11月2日(日)10:00~)には、本学副学長 加計 悟 先生(動物生命科学科助教)と同じく副学長 児島 塊太郎先生(芸術学部教授)、芸術学部デザイン芸術学科 教授 松岡 智子 先生が参加されました。

ImagineeringOKAYAMA ARTPROJECT(イマジニアリング オカヤマアートプロジェクト)

「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT(イマジニアリング オカヤマアートプロジェクト)」とは、世界的現代アーティストの作品を、歴史的文化資産である岡山城とその周辺を中心に、国内外から注目を集めるアートコレクション「石川コレクション」を展示する「岡山未来づくりプロジェクト」のメイン事業の一つです。
詳細はImagineeringをご覧ください。

倉敷芸術科学大学芸術学部の学生さん達 Imagineering OKAYAMA ART PROJECTの説明 イベント ライアン・ガンダー(Ryan Gander)氏

写真手前中央は、ライアン・ガンダー(Ryan Gander)氏です。ガンダー氏は、本学芸術学部展示スペース「Zone」にて、個展「How to Work Better」も開催したことがあり、芸術学部の学生さん達とも交流のある世界的に活躍しているアーティストです。
写真手前左が、本学副学長 児島 隗太郎 先生(芸術学部教授)。
写真手前右が、本学副学長 加計 悟 先生(生命動物科学科助教)。
写真中央後方が、芸術学部デザイン芸術学科 教授 松岡 智子 先生。

今回、ガンダー氏も本プロジェクトに参加されています。参加されているアーティストは、以下の通りです。

参加作家| [計12作家]

  • Anri Sala(アンリ・サラ)
  • Douglas Gordon(ダグラス・ゴードン)
  • Liam Gillick(リアム・ギリック)
  • Martin Creed(マーティン・クリード)
  • Meiro Koizumi(小泉明朗)
  • Mircea Cantor(ミルチャ・カントール)
  • Ryan Gander(ライアン・ガンダー)
  • Shimabuku(島袋道浩)
  • Simon Fujiwara (サイモン・フジワラ)
  • Peter Fischli & David Weiss(ペーター・フィッシュリ & ダヴィッド・ヴァイス)
  • Philippe Parreno(フィリップ・パレーノ)
  • Rirkrit Tiravanija(リクリット・ティラヴァーニャ)

電車と風船 卓球台 Imagineering 児島隗太郎先生(中央)、加計悟先生(左)、松岡智子先生(右) 児島隗太郎先生(左)、加計悟先生(右)、松岡智子先生(中央)

【COC事業】「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」へ学生が参加しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする