生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.1

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.1

※ご注意!この投稿は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年2月28日(金)
倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 教授 仲 章伸 先生と広島大学大学院工学研究科 教授 都留 稔了(つる としのり)氏との共同研究「A closer look at the development and performance of organic-inorganic membranes using 2,4,6-tris[3-(triethoxysilyl)-1-propoxyl]-1,3,5-triazine (TTESPT)」がイギリス王立化学会のRSC Advancesに掲載されました。
トリアジンをコアとして、三方向にトリエトキシシリル基をもつ星型化合物を合成し、それをゾル−ゲル法を用いることにより均一な膜にすることに成功しました。この膜は、ガス分離膜として使用することができ、特にプロパン(C3H8)とプロペン(C3H6)を高性能に分離できることを明らかにした共同研究です。

詳細については、以下の画像をクリックし「RSC Advances」をご覧下さい。

RSC Advances

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.1
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする