倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.18

倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.18

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年2月9日(日)10:00〜15:00
倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科 教授 妹尾 護 先生が倉敷市立倉敷南小学校へ「ペットボトルロケットを飛ばそう!」というテーマで出張講義に行きました。空のペットボトルロケット(炭酸飲料用)を加工して水ロケットを作成する大人気の出張講義です。当日は、積雪にも関わらず多数の皆様にお越し頂きました。また、芸術学部美術工芸学科ガラスコースの学生さんによるガラス展示も行われました。

妹尾護先生 ペットボトルロケット作成中 ペットボトルロケットを一生懸命作成 ペットボトルロケット機体セットで作成 ペットボトルロケットの羽を作成 ペットボトルロケット発射準備 ペットボトルロケット発射 発射台のペットボトルロケット 妹尾先生がペットボトルロケット発射準備 発射カウントダウン 小学生がペットボトルロケット発射 ガラスコース作品展示 ガラスコースの作品

倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.18
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする