芸術学部と岡山大学薬学部との協力連携協定の締結について

芸術学部と岡山大学薬学部との協力連携協定の締結について

※ご注意!この投稿は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年1月21日(火)14:00〜14:30
倉敷芸術科学大学芸術学部と岡山大学薬学部が協力連携協定を締結しました。本学芸術学部と岡山大学薬学部は、昨年10月14日に「くすりと芸術」というテーマで共催シンポジウムも開催しています。薬学を含む科学と心を表現する芸術とで現代社会の不安に対処していく術を提案するシンポジウムです。この度、双方の教育及び文化的発展の強化に寄与することを確信し協力協定の合意に至りました。岡山大学薬学部の学生さん達、本学の学生さん達も多数出席しての協定式となりました。

協力協定調印式 児島塊太郎先生 協力協定調印式での握手 岡山大学薬学部長森山芳則氏

岡山大学薬学部長 森山芳則氏です。

児島 塊太郎氏

本学芸術学部長 児島 塊太郎氏です。

倉敷芸術科学大学芸術学部と岡山大学薬学部の協力協定調印式

岡山大学薬学部Webサイトへも掲載されていますのでご覧下さい。

芸術学部と岡山大学薬学部との協力連携協定の締結について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする