倉敷市との連携事業文化財アプリの取材が終了しました。

倉敷市との連携事業文化財アプリの取材が終了しました。

※ご注意!この投稿は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2013年11月12日(木)15:00〜
倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科 准教授 馬場 始三 先生と同学科 非常勤講師 幡山 正人 先生が共同で倉敷市と連携し開発しているアプリケーション「倉敷市の文化財」の2013年度に新しくリリースする文化財25点の取材が終わりました。最後に撮影したのは、安養寺の木造毘沙門天立像と木造吉祥天立像の2点です。この2点をメディア映像学科4年次生 大井 康平さんが撮影を行いました。

アプリの詳細についてはこちら

安養寺 文化財撮影の様子 撮影する大井康平さん

写真は、メディア映像学科 4年次生 大井 康平 さんです。

 

木造毘沙門天立像 木造毘沙門天立像撮影 集合写真

山陽新聞社の取材

文化財撮影終了後には、山陽新聞社の取材も受けていました。

 

池と建物 石像

倉敷市との連携事業文化財アプリの取材が終了しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする