倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.13

倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.13

※ご注意!この投稿は5年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2013年10月31日(木)14:50〜15:50
倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科 准教授 丸田 昌宏 先生と学生さん達が倉敷市立連島西浦小学校へ出張講義に行きました。「カメラを作って撮ってみよう!」というテーマです。小学生の皆さんとカメラオブスクラ(ピンホールカメラ)を作成しました。作成したカメラに感熱紙を挿んで屋外に15分〜30分程度、固定して置いておくと風景等が感熱紙に写しだされる実験です。

倉敷市立連島西浦小学校への出張講義 メディア映像学科准教授 丸田昌宏先生

メディア映像学科 准教授 丸田 昌宏 先生です。

カメラオブスクラを作成 カッターで紙を切る カメラオブスクラを真剣につくる様子 宍戸佑樹さんに指導してもらう小学生 宍戸佑樹さん

メディア映像学科4年次生 宍戸 佑樹 さんです。 

指導する上渓真誉さん 上渓真誉さん

メディア映像学科 1年次生 上渓 真誉 さんです。

指導する井口絢加さん 井口絢加さん

メディア映像学科 4年次生 井口 絢加 さんです。

作成したカメラオブスクラで撮影 作成したカメラオブスクラで撮影 作成したカメラオブスクラで撮影の様子

倉敷芸術科学大学の地域連携活動についてvol.13
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする