生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.2

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.2

※ご注意!この投稿は3年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2014年6月6日(金)
倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 教授 仲 章伸 先生と広島大学大学院工学研究科 教授 都留 稔了 先生との共同研究論文がイギリス王立化学会のRSC Advancesに掲載されました。

タイトルは、“Insight into the pore tuning of triazine-based nitrogen-rich organoalkoxysilane membranes for use in water desalination”でトリアジンをコアとし、三方向にトリエトキシシリル基をもつ化合物を、様々な条件下で製膜しました。それらを用いてNaCl阻止性および透水性により、逆浸透特性の評価を行った共同研究論文です。この研究は、持続可能な水再生・再利用のための技術への応用につながるものと期待できます。
詳細は、イギリス王立化学会のRSC Advancesをご覧下さい。

Insight into the pore tuning of triazine-based nitrogen-rich organoalkoxysilane membranes for use in water desalination

生命科学科 仲 教授の共同研究論文が発表されました。vol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする