故郷ネパールに小学校を。願いを叶えて里帰り(卒業生活躍情報vol.250)

故郷ネパールに小学校を。願いを叶えて里帰り(卒業生活躍情報vol.250)

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

倉敷芸術科学大学の卒業生が社会で多数活躍しています。その近況をお届けする企画です。皆様の周囲で活躍中の卒業生をぜひご紹介下さい。

 

ターパ・ゴダル・ウパカルさん(2014年度産業科学技術学部観光学科卒、ネパールからの留学生)は卒業後岡山市のホテルで働いていました。
ウパカルさんはネパールの貧しい家庭が多い村出身。村の子どもたちは壁が崩れ電気の通わない校舎で教育を受けていました。

日本と故郷の格差を感じれば感じるほど「小学校を建て直したい」という思いをで抱くように。

このたび2023年2月15日(水)RSK山陽放送のドキュメンタリー番組「メッセージ」にてウパカルさんが故郷の小学校を立て直し、里帰りするまでの密着取材が放送されました。

ウパカルさん、思いを叶えておめでとうございます。

ウパカルさん密着取材の概要は「メッセージ」バックナンバーからご覧ください。

故郷ネパールに小学校を。願いを叶えて里帰り(卒業生活躍情報vol.250)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする