夢は生徒と一緒にオリンピック。クライミングを身近な競技へ(卒業生活躍情報vol.249)

夢は生徒と一緒にオリンピック。クライミングを身近な競技へ(卒業生活躍情報vol.249)

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

倉敷芸術科学大学の卒業生が社会で多数活躍しています。その近況をお届けする企画です。皆様の周囲で活躍中の卒業生をぜひご紹介下さい。

 

浦野 侑樹さん(2021年度生命科学部生命科学科卒、高松農業高等学校出身)は、本学関連施設のヘルスピア倉敷で働いています。

在学中浦野さんはクライミング部で活躍しており、現在はヘルスピア倉敷でクライミングのキッズクラスなどを受け持っています。

卒業後も本学クライミング部に交じって練習しており、先日も浦野さんは「岡山県学校対抗ボルダリング交流戦2022inヘルスピア倉敷」を企画したりと勢力的にクライミングに関わっています。

夢はキッズクラスで受け持つ生徒さん達と一緒にオリンピック出場。
今はまだ競技人口がそう多くないクライミングですが、浦野さんはクライミングが身近な競技になるように子どもたちへクライミングの楽しさを教えていきます。

夢は生徒と一緒にオリンピック。クライミングを身近な競技へ(卒業生活躍情報vol.249)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする