次世代を担うアーティスト!「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」ファイナリストに/大学院生2名表彰

次世代を担うアーティスト!「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」ファイナリストに/大学院生2名表彰

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2022月12月19日(月)、アートプロジェクト/プロデュース集団「WATOWA GALLERY」が主宰する企画展「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」にて、ファイナリスト作品の展示とともに受賞作品が発表されました。

「WATOWA GALLERY」とは現代⽇本のストリートカルチャーやファッション、独創的・先進的なテクノロジーや「ジャパニーズ・フィロソフィー」を取り⼊れた新しい感性を持つ若⼿の作家を中⼼に、アート・コミュニケーションの場を提供する集団であり、今回の企画展は未来を担う新しい才能の発見を目的として開催。今回は約300名のエントリーのなかから選ばれた60名のアーティストがファイナリストとして集結し、年代もジャンルも異なる15名の審査員によって審査されました。

本学からは芸術研究科美術専攻2年森田玲音さん(広島県瀬戸内高等学校)が入賞、小野勇人さん(岡山県立鴨方高等学校出身)が鬼頭健吾賞を受賞。
2人とも次世代のアーティストとして大きな一歩を踏み出しました。

小野さんの作品

森田さんの作品

表彰式の様子

「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」はWATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO(東京都台東区今戸1-2-10 3F)にて開催中。会期は2022年12⽉19⽇〜12⽉26⽇。

入場料は入場者⾃⾝が⾦額を決定するドネーションシステム(ミニマム500 円から⼊場料を⾃⾝で決定し、それが若⼿アーティスト⽀援のためのドネーションとなるシステム)となっています。

お近くの方は是非足をお運びください。

 

次世代を担うアーティスト!「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」ファイナリストに/大学院生2名表彰
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする