「倉敷四方屏風展」―児島の旧野﨑家住宅に学生制作屏風を展示中―(2022.07.07-09.04)

「倉敷四方屏風展」―児島の旧野﨑家住宅に学生制作屏風を展示中―(2022.07.07-09.04)

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

芸術学部デザイン芸術学科の森山知己教授(日本画家)の指導の下、学生さんたちが制作した屏風を倉敷市の歴史ある建物に飾る「倉敷四方屏風展」が2022年8月16日(火)〜9月4日(日)(一部、8月29(月)日終了)で開催されます。

開催に先立って2022年7月7日(木)には旧野﨑家住宅(倉敷市児島味野1丁目11−19)に先行展示されました。

趣のある建造物に展示された色とりどりの屏風たちを是非ご覧ください。

「倉敷四方屏風展」とは
「倉敷四方屏風展」にある「四方」とは、児島「旧野﨑家住宅」、倉敷市中心部「倉敷国際ホテル」、「新渓園」、玉島「西爽亭」の倉敷市内の4カ所です。これらの歴史ある建造物に、倉敷芸術科学大学の学生が新たに描いた様々な屏風を展示します。主催は「あーとのまち倉敷」実行委員会。
若い感性による屏風と共に、改めて倉敷の魅力に触れてみてください。

 

なお、このことについて山陽新聞でも取り上げていただいています。

「倉敷四方屏風展」―児島の旧野﨑家住宅に学生制作屏風を展示中―(2022.07.07-09.04)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする