メディア映像学科4年中務さん制作の漫画を倉敷市教育委員会へ寄贈(2022.05.20)

メディア映像学科4年中務さん制作の漫画を倉敷市教育委員会へ寄贈(2022.05.20)

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

以前ご紹介しましたが、メディア映像学科4年中務日向子さん(広島県立因島高等学校出身)が昨年、西日本豪雨で被災した真備町地区の女性の取材を基に「要配慮者版マイ・タイムライン」の必要性を訴える漫画を制作しました。

2022年5月20日(金)、倉敷市役所にてその漫画を倉敷市教育委員会へ寄贈する贈呈式が行われました。
寄贈した漫画は市内の全61小学校、26中学、1支援学校の児童計4万人弱に配布され、防災教育に活用されるとのことです。また、当日は中務さんへ感謝状が贈呈されました。

中務さんの漫画で小中学生の防災意識が高まりますように。


以前の記事↓

メディア映像学科3年中務さんが「要配慮者版マイ・タイムライン」の必要性を訴える漫画を制作

メディア映像学科4年中務さん制作の漫画を倉敷市教育委員会へ寄贈(2022.05.20)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする