「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト中間報告

「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト中間報告

以前もお知らせしましたが本学では「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクトを実施しています。このたび中間報告がなされました。

【これまでにわかったこと】
表面観察および X 線撮影、X 線 CT 撮影でえられた画像を解析した結果、以下のようなこ
とが明らかになりました。
上半身は、前方を向く眼窩(がんか)や頭髪、眉、耳、鼻、平爪をもつ 5 本指の腕など、
霊長類を思わせる外観でありながら、その歯はやや曲がった円錐形で肉食性の魚類を想起
させます。
下半身は、背ビレ、腹ビレ、臀ビレ(しりびれ)、尾ビレを有し、ウロコ(櫛鱗、しつりん)に覆われていて魚類の特徴を持っています。外部から観察できませんが、下半身のウロコとは異なる形状のウロコが、腕、肩、首から頬にかけて存在します。人魚から抜け落ちた体毛を走査型電子顕微鏡で観察したところ、表面には、人間や他の哺乳類と同様にキューティクルがあることがわかりました。X 線 CT 撮影による調査では、内臓は確認できず、骨格はアゴ、ヒレおよび尾部で確認できます。
なお、首と背ビレには金属製の針が刺さっていることがわかりました。首の針は内部にあ
り、背びれから刺さっている針は外部からも観察できます。

【今後の予定】
今後は、骨格、爪、毛、ウロコについて、他の生物との比較をおこないます。剥離したウ ロコなどを用いて DNA 分析を実施します。また、いつ頃の時代のものかを明らかにするた めに放射性炭素年代測定を計画しています。さらに、どのような防腐処置が施されているか について、剥離した皮膚片の蛍光 X 線分析を計画しています。 なお、民俗学的な調査は現在継続中でまだ報告できる情報はありません。

中間報告全文はこちら

そして、こちらについて山陽新聞さんやRSK放送さんに取材を受け、なんと山陽新聞さんの記事でTwitterのトレンドにも入りました。うれしい限りです。最終報告が楽しみですね。
山陽新聞さんの記事はこちら
 

以前の記事はこちら↓

「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト始動(2022.02.02)

「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト中間報告
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする