「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト始動(2022.02.02)

「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト始動(2022.02.02)

本学生命科学部健康科学科 加藤敬史教授
本学生命科学部生命科学科 山野ひとみ准教授
本学生命科学部動物生命科学科 武光浩史准教授
岡山民俗学会 木下浩理事
の4名が協力し合い、それぞれの専門分野である考古学、魚類学、分子解析、考古学の点からこの「人魚のミイラ」の正体に迫るプロジェクトが始動しました。

2022年2月2日(火)、多くの報道陣が見守る中、本学教育動物病院へ長徳教寺円珠院(岡山県浅口市鴨方町六条院西890)に所蔵されていた「人魚のミイラ」が柆田宏善住職の手によって運び込まれ、教育動物病院のX線CTで撮影をし、内部構造の調査が行われました



このミイラは30センチほどで、「江戸時代に土佐で魚の網にかかり、大阪に売られた物を備後福山の小島家が購入。その後明治期に人手に渡った」と記録が残っており、「人魚干物」と書かれた書付ともに二重の箱の中に収められていました。2月4日(金)までの学内で検査し、その後は円珠院さんに返却されました。
調査結果は9月頃まとまる予定です。

また、このプロジェクトは山陽新聞テレビ朝日OHK岡山放送他多数のメディアで紹介されています。そちらもぜひご覧ください。

「人魚のミイラ」の正体解析プロジェクト始動(2022.02.02)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする