生命科学科仲研究室から新しい論文の発表です!

生命科学科仲研究室から新しい論文の発表です!

倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科の仲研究室から新しい論文が発表されま した。

論文のタイトルは、“Synthesis of pyridine-fused siloles by ruthenium-catalyzed intramolecular hydrosilylation”です。

今回、ピリジンが縮環したシロールの新規合成法の開発に成功しました。さら に、合成した化合物の光物性を明らかにすることができました。これらの化合物 は、新規機能性材料のビルディングブロックとして期待できます。

仲研究室所属生命科学科4年生の下村捺海さん(愛媛県立松山北高等学校出身) の研究成果です。
オランダ・アムステルダムを本拠とする国際的な出版社ELSEVIERの学術雑 誌”Journal of Organometallic Chemistry”に掲載されました。

生命科学科仲研究室から新しい論文の発表です!
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする