2020年度動物生命科学科卒業論文発表会について

2020年度動物生命科学科卒業論文発表会について

2020年度動物生命科学科の卒業論文発表会が2021年2月16日にキャンパス内の1号館にて開催されました。演題については、以下の通りです。

No. 演題 発表者 研究室名
1 本学科飼育犬猫飼育活動におけるインシデント・アクシデント事例解析 湯浅 美那

動物公衆衛生学研究室(湯川ゼミ)

2 犬用ローフード・トリーツ由来サルモネラ属菌の遺伝子解析 木原 七星

動物公衆衛生学研究室(湯川ゼミ)

3

倉敷市における動物保護活動及び動物愛護についての調査研究
新型コロナウイルス状況下におけるインタビュー調査

田中 沙羅 人間動物関係学研究室(川添ゼミ)
4 猫下部尿路疾患予防を目的とした水温調査 花園 裕美 人間動物関係学研究室(川添ゼミ)
5 眼圧検査時における動物看護師によるイヌの保定方法の検討 山本 千尋 動物看護学研究室(村尾ゼミ)
6 イヌがヒトの感情を読み取る手がかりについて 石田 蘭 動物行動心理学研究室(唐川)
7 受精期に卵管で発現するCXCL17の役割に関する研究 三木 絵里加 動物生殖生理学研究室(岡本ゼミ)
8 倉敷市の水道水に含まれる環境遺伝子の調査 河尻 尚子 分子生物学研究室(武光ゼミ)
9 イヌの老化に関する抹消血mRNA表現の解析 高橋 由芽 分子生物学研究室(武光ゼミ)
10 ミーアキャットを対象とした採食エンリッチメントの効果 小井手 さくら 動物運動学研究室(梶浦ゼミ)
11 ホワイトタイガーの採食エンリッチメントにおける効果 高橋 和花 動物運動学研究室(梶浦ゼミ)
12 小型犬の階段昇降時における補助ブロックの有効性 川西 歩実 動物運動学研究室(梶浦ゼミ)

写真は、最優秀賞(MVP:Most Valuable Presentation)を受賞した演題「イヌの老化に関する抹消血mRNA表現の解析」を発表した武光ゼミ(分子生物学研究室)の皆様です。

2020年度動物生命科学科卒業論文発表会について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする