大学院芸術研究科の公聴会について(2021.2.3)

大学院芸術研究科の公聴会について(2021.2.3)

倉敷芸術科学大学大学院芸術研究科芸術制作表現専攻 博士(後期)課程の公聴会が2021年2月3日(水)11:00〜12:00にキャンパス内の1号館にて行われました。

研究発表を行ったのは、大学院博士(後期)課程 3年次 大橋 裕子さんです。研究 タイトルは、『絵画における時間の可視化ー「シワ」を通して実現できることー』です。

大橋さんの修了展「invisible」も加計美術館にて開催されています。会期は、2021年1月30日(土)〜2月14日(日)迄です。ぜひ足をお運びください。

大学院芸術研究科の公聴会について(2021.2.3)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする