~医療従事者への感謝を込めて~ ブルーライト点灯式の実施について

~医療従事者への感謝を込めて~ ブルーライト点灯式の実施について

倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科の学生が中心となり、2020年7月8日(水)に「~医療従事者への感謝を込めて~ ブルーライト点灯式」を実施しました。

司会進行役は、生命医科学科4年次 佐々木 桃さん(広陵高等学校出身)、医療系代表学生として新型コロナウイルス感染拡大に対して最前線で働いている医療従事者に、本学として敬意と感謝の気持ちを伝えのは、生命医科学科4年次 楠 菜々さん(広島県立高陽高等学校出身)です。

当日には、医療系を目指す有志学生(臨床検査技師、臨床工学技士、愛玩動物看護師、救急救命士)の44名が感謝の気持ちを込め黙祷を捧げると共に創立20周年記念碑「永遠の響き:芸術と科学」がブルーに点灯しました。

 

~医療従事者への感謝を込めて~ ブルーライト点灯式の実施について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする