学生が政策提言の優秀者として表彰されました。

学生が政策提言の優秀者として表彰されました。

倉敷芸術科学大学危機管理学部危機管理学科の学生3名が総社市長 片岡 聡一 氏より政策提言の優秀者として賞状を授与されました。

危機管理学科3年次 秋山 真輝さん(就実高等学校出身)
危機管理学科3年次 大坪 嘉晴さん(岡山県立瀬戸高等学校出身)
危機管理学科3年次 柳生 桃さん(広島県立福山明王台高等学校出身)

3名は、2019年8月19日〜23日の5日間、総社市役所でインターンシップを実施し、同年の12月24日に実施された成果報告会(同市でインターンシップを実施した6名により行われた。)の結果、優秀と評価され賞状の授与に至りました。3名の政策提言のタイトルについては、以下の通りです。

秋山 真輝さん 大学との連携による若手防災士の育成
大坪 嘉晴さん 「共助・公助」の情報共有をSNSTwitter)を活用して迅速かつ円滑に進める為にTwitter防災訓練を行う。
柳生 桃さん 総社のパンでつなぐ地域コミュニティの活性化 ~ひきこもりの人へ社会進出第一歩を手助けする~

 

学生が政策提言の優秀者として表彰されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする