第10回全国高校生現代アートビエンナーレの表彰式が開催されました。

第10回全国高校生現代アートビエンナーレの表彰式が開催されました。

倉敷芸術科学大学主催「第10回全国高校生現代アートビエンナーレ―絵画・イラスト−」の表彰式が2019年12月21日に倉敷市立美術館(〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号)にて行われました。第10回と節目を迎える本会は、全国27の都道府県の高校生から、応募総数198作品による厳正なる審査が行われ大賞を含め16点が入賞として選出されました。

大賞を受賞されたのが、広島市立沼田高等学校2年生 小林 さわ さん、作品名「鯨街(クジラマチ)」です。

審査員を務めたメディア映像学科 教授 神原 正明 先生は、「大賞受賞作品は、イメージが豊で実際に作品を目の前にすると発想力、下から上を見上げる、上から下を見上げると未来の都市空間が生み出されている点に審査員は、アッと驚かされた。」と講評を述べました。

 

第10回全国高校生現代アートビエンナーレの表彰式が開催されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする