芸時術学部メディア映像学科アニメコース有志学生がプロジェクションマッピング制作中!

芸時術学部メディア映像学科アニメコース有志学生がプロジェクションマッピング制作中!

メディア映像学科アニメーションコースでは2019年12月6日(金)開催予定のクリスマスイルミネーションイベントに向けて、有志学生14名がプロジェクションマッピングを制作中です。

制作中のプロジェクションマッピングの時間は2~3分程で、必要な作画は100枚以上。それに加えてエフェクトを作成し、作画とエフェクトを重ねる作業があります。クリスマスイルミネーションイベント当日に向けて、ただいま絶賛修羅場中です。

演出や作画を担当しているメディア映像学科2年生 猪熊 愛優さん(香川誠陵高等学校出身)とユン ソヨンさん(留学生)は「必要な作画や作業が多くてとても大変。イベントに間に合うかも不安。でも自分たちの描いた絵をつなげてキャラクターがうまく動くと、まるで自分の子供が初めて立ったかのような嬉しさが込み上げる。」と作品に対する思いを述べられています。

今年度は「サンタクロースの少年がプレゼントを配るために入った家で女の子に見つかってしまい、逃げようとするが女の子は追いかけてくる」というストーリー。見どころはチタンの棟に投影される巨大クリスマスツリー!どんな結末かは当日のお楽しみです!!

 

芸時術学部メディア映像学科アニメコース有志学生がプロジェクションマッピング制作中!
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする