学生が第 58 回日本臨床細胞学会秋期大会にて発表を行いました。

学生が第 58 回日本臨床細胞学会秋期大会にて発表を行いました。

倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科の学生が第 58 回 日本臨床細胞学会秋期大会(公益社団法人日本臨床細胞学会主催、日時:2019 年 11 月 16 日(土)・17 日(日)、会場:ホテルグランヴィア岡山/岡山コンベンションセンター/岡山県医師会館/ 岡山シティミュージアム/ANA クラウンプラザホテル岡山)において学生セッション(ポスター発表)を行いました。発表内容は、以下の通りです。

 

①退色細胞診標本再染色の検討

生命医科学科 4 年生 岡田 海斗さん、有安 信さん

 

自然尿と膀胱洗浄尿の細胞像の比較

生命医科学科 4 年生 桑田 恵美里さん

 

小濾胞状を呈する甲状腺病変の細胞形態的測定による検討

生命医科学科 4 年生 梶房 雅史さん、秋元 歩夢さん

 

また、生命医科学科 教授 佐藤 正和 先生による教育講演「尿細胞診標本作製法の標準化に向けた LBC 法の評価」、生命医科学科 講師 森 康浩 先生、助教 高木 翔士 先生によるワークショップ「倉敷芸術科学大学における教育への取り組み―次世代型細胞検査士への架け橋に」も行われました。

 

学生が第 58 回日本臨床細胞学会秋期大会にて発表を行いました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする