学生がアートオリンピック2019にて入賞(キャンパスあるあるvol.136)。

学生がアートオリンピック2019にて入賞(キャンパスあるあるvol.136)。

倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科2年次生 和田 優太朗 さん(明誠学院高等学校出身)が第3回アートオリンピック2019にて佳作に入賞しました。アートオリンピックとは、「アートオリンピックから世界へ」を掲げ、世界の才能あるアーティストを発掘し、その活動を支援することを目的としています。世界100ヶ国のアーティスト、5683作品の中から選ばれた100作品を受賞選抜展(2019年6月8日(日)〜6月16日(土)「としまセンタースクエア」東京池袋)、展覧会(2019年6月23日(日)〜6月30日(日)東京都美術館)の2回の展覧会場・それぞれの会期で展示されます。ぜひ足をお運び下さい。

和田さんが、受賞した作品は、タイトル「祈り」、サイズ:S50号・キャンバスです。手に持っているのは、写真をプリントアウトしたもので、実物は、展覧会会場にで展示中です。

 

 

学生がアートオリンピック2019にて入賞(キャンパスあるあるvol.136)。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする