学生が医学検査学会で発表を行いました(20181125)。

学生が医学検査学会で発表を行いました(20181125)。

倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科4年次 福田 紗希さん(島根県立平田高等学校出身)が「平成30年度日本臨床衛生検査技士会 中四国支部医学検査学会(第51回)学生フォーラム」にて発表を行いました。場所は、サンポートホール高松(〒760-0019高松市サンポート2-1)です。

テーマは、「本校の特徴と私が目指す臨床検査技士像」です。本学の特徴であるダブルライセンス(細胞検査師と臨床検査技師)が取得可能点を上げ、本人が目指す臨床検査技師像を「正確な検査値を速く・確実に医師に届ける+必要に応じて検査値から判読できる情報を医師に届ける+検査力を検査室以外で発揮する」とし、これらができる臨床検査技師を目指すと発表しました。

学生が医学検査学会で発表を行いました(20181125)。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする