2018デザイン芸術学科の学外授業についてvol.2

2018デザイン芸術学科の学外授業についてvol.2

倉敷芸術科学大学2018年度前期開講「デザイン理論Ⅲ」(対象:デザイン芸術学科2年次生、担当:非常勤講師 正宗 幸子 先生)において2018年7月31日(火)に「ジーンズ一貫生産の見学」 (学外授業)を実施しました。

今回訪問したのは、カイタックグループ 総社カイタックファクトリー(〒719-1134岡山県総社市真壁737)です。また、今回のテーマは、『「デザイン」とは・・・!?機能性や価格、市場性を考え企画をすることを学ぶ』です。

総社カイタックファクトリーは、人気のヤヌークなどの自社製品を生産している工場で機械化された分業、従業員満足を考慮した綺麗な工場では、若いスタッフが活躍されています。原反が入荷して、商品として発送するまでの「一貫生産」に、学生たちからは、「沢山の工程を経てのジーンズを、大切にします!」「これからの授業や、将来の仕事に活かします!」と感想があり、ものづくりの現場を体感する事が貴重な経験に繋がったようです。

2018デザイン芸術学科の学外授業についてvol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする