卒業生活躍情報vol.155

卒業生活躍情報vol.155

倉敷芸術科学大学の卒業生が社会で多数活躍しています。その近況をお届けする企画です。皆様の周囲で活躍中の卒業生をぜひご紹介下さい。

 

今現在、京都で会社員として活躍している和田谷 光輝さん(2009年度生命科学部 生命科学科卒業、11期生、滝川高等学校出身)が、本日真備町のボランティアに参加した後に、大学訪問してくれました。

Q.学生時代の想い出

A.サークル、一人暮らし、勉強…いろいろな経験をしましたが、一番の想い出は、高校生までは海外には興味が無かったのですが、大学に入学して留学生と接することで、海外に対して非常に興味を持つようになりました。留学生との出会いを通して、グローバルな視点を持つようになり、教育交流協定校の短期留学にいくことを決めました。

3年生のときにアメリカのフィンドリー大学、4年生のときにブラジルのパラナ・カトリカ大学に行き、グローバルで活躍できる人間になりたいと思うようになりました。

 

Q.卒業してから

A.海外で活躍したい気持ちを抑えつつ、地元の姫路の企業に就職しました。その後、夢を実現したく退職し、JICAボランティアでパラグアイに行きました。パラグアイで大学立上げプロジェクトを担当し、パラグアイの地域活性業務に携わっていました。3年間近くパラグアイで仕事・生活してましたが、充実感で溢れていました。

また、プライベートでは、同学科の同級生と年に1度高知県で「マラソン同窓会」をやっています。生命科学科のヤンチャだった同級生と今でも繋がり、刺激し合い、そして今でも変わらない関係であることが幸せです。

今年の目標は、全員で3時間30分です!!

興味のある方は、是非一緒に高知龍馬マラソン走りましょう!

Q.後輩に一言

A.グローバルな視野を持ち、自分で考えて行動することを大事にしてください。

卒業生活躍情報vol.155
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする