キャンパスあるあるvol.121

キャンパスあるあるvol.121

倉敷芸術科学大学の日常の風景をお届けする企画です。

生命科学部生命科学科4年次 木原 慎一朗さん(岡山県立津山商業高等学校出身)。木原さんは、クライミングクラブに所属し、ヘルスピア倉敷を中心に活動を行なっています。

木原さんにインタビューをしました。

クライミングクラブでの一番の思い出を教えてください。

「第1回夜すぴあ」の運営をさせてもらえた事です。準備の時間が限られている中で開催できたのは、大杉先生、ヘルスピア倉敷の方々の助けがあったからだと思います。また、クライミングを初めて、同年代以外の方々と関わる事ができのは、大学生活一の思い出です。今後、倉敷芸術科学大学といえば、ボルダリングと呼ばれるようになってほしいです。

後輩の皆さんにメッセージをお願いします。
倉敷芸術科学大学は、とても恵まれた環境です。自分で目標を持って頑張ってほしいです。

キャンパスあるあるvol.121
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする