クライミングクラブの活動2017vol.7

クライミングクラブの活動2017vol.7

倉敷芸術科学大学クライミングクラブの学生さん達が2017年12月30日(土)にロックス倉敷店で開催されたPLAYHARD2017(兼岡山県国体選考会)に参加しました。

今回はFUNクラスに出場しました。
初代部長の生命科学部生命科学科 4年次 皆川 拓也 さん(済美高等学校(愛媛県)出身)が、初のコンテスト方式の予選に戸惑いつつも40人中12位と健闘しました。もう少しでセミファイナルに手が届きそうでした。
新部長の生命科学部健康科学科3年次 中二 健太さんは、選手兼スタッフとして参加、事前準備、大会中のジャッジと頑張りました。

顧問の生命科学部生命科学科 准教授 大杉 忠則(Ohsugi Tadanori)先生は、アッパークラスにエントリー、前日風邪で寝込んでましたがなんとか出場できてました。

な、なんと、今回の大会にはボルダリング世界王者の楢崎智亜選手、そして絶対女王の野口啓代選手も参加されました。目の前で、世界の登りを観てモチベーション急上昇!大会を境に栄養管理・筋トレに対する意識が変わったみたいです(^^)次回に向けて練習頑張りましょう!

大会の雰囲気はPLAYHARD2017 オフィシャルムービーをご覧ください。

クライミングクラブの活動2017vol.7
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする