【COC事業】2017炊飯シミュレーションについてvol.1

【COC事業】2017炊飯シミュレーションについてvol.1

倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 准教授 大杉 忠則(Ohsugi Tadanori)先生の研究室で炊飯シミュレーションを実施しました。

テーマは、コンロ及び鍋各1つで作るスープパスタ。以前好評だったモデルの続編となります。3グループに分かれてメニューを考案、調理の手際、全員が調理に携われるか作業量の確認、コミュニケーションのしやすさを確かめました。完成した料理は全員満足がいく味に仕上がりました。

・水無し!牛乳で作るじゃがいもスープパスタ

・トマトジュースと大豆を使った栄養パスタ

・長期保存可能な乾燥野菜を利用したパスタ

炊飯シミュレーション スープパスタ 試食

【COC事業】2017炊飯シミュレーションについてvol.1
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする