2017メディア映像学科の地域連携活動についてvol.2

2017メディア映像学科の地域連携活動についてvol.2

倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科 特担講師 大屋 努 先生と学生さん達が2017年12月10日(日)9:00~13:00に開催される「備中玉島みなと朝市」(場所:倉敷市玉島エリアの清心町商店街、栄町商店街、銀座商店街、港町商店街、通町1丁目商店街)に参加し、「まちなか研究室玉島デジタル工房」(COC事業)で制作した「たまべえ着ぐるみ」 をお披露目する予定です。当日は、備中玉島みなと朝市3周年記念式典も行われるそうです。

まちなか研究室玉島デジタル工房で制作した「たまべえ着ぐるみ」は、身長3.2m、頭は直径2mもある大きなもので、「たまべえ」原作イラストの頭身比率に合わせるとともに、「巨大さ」とゆっくりとした動作で、巷にあふれる「ゆるキャラ」と一線を画し、文字通り「頭一つ」抜けた話題性を期して制作されたそうです。

また、同時に3年生が「若衆実践演習」の実践活動として行う「スタンプラリー」も開催します。(9月のスタンプラリーは「地域貢献実践」での活動)今回は、各商店街の1つの店舗前にスタンプを設置します。スタンプをコンプリートすると、クジを引き、 玉島のゆるキャラのオリジナルグッズと、お菓子がもらえます。オリジナルグッズは「まちなか研究室玉島 デジタル工房」 でレーザー加工機などのデジタル工作機器を活用して制作しています 。

スタンプラリー表 スタンプラリー裏 たまべえ着ぐるみ 外に出てきたたまべえ着ぐるみ 部屋の中のたまべえ着ぐるみ

2017メディア映像学科の地域連携活動についてvol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする