ワークショップ①「山本二三さんの作品に自分のキャラクターを登場させよう!」

ワークショップ①「山本二三さんの作品に自分のキャラクターを登場させよう!」

倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科 教授 中川 浩一 先生と本学非常勤講師 山下 真未 先生、本学インターンシップ生 ロレンツォ・ピアーニさん(ボローニャ大学外国語学部3年次)、芸術学部メディア映像学科 3年次 坂本 麻理子 さん(岡山県立倉敷古城池高等学校出身)が倉敷市50周年記念事業「山本二三展」においてワークショップを行いました。

山本二三さんが本展示会のために描き下ろした新作《倉敷-記念日通り》を背景画にし、会場に訪れた方が描いたキャラクターを登場させるワークショップです。さらに来場者が描いたキャラクターを缶バッチにしてプレゼントしました。

第1回目となる2017年10月15日(日)は、事前予約が必要でしたが、予約を上回る来場者となり、一人3つのキャラクターを描いた方もいらっしゃいました。第2回目は、2017年11月3日(金)の予定です。申し込み方法等の詳細は、倉敷市立美術館のホームページをご覧下さい。ご家族お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

ワークショップの様子 キャラクター作り 缶バッチ作成中 ワークショップ 缶バッチを作る様子 缶バッチを作る家族連れ

ワークショップ①「山本二三さんの作品に自分のキャラクターを登場させよう!」
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする