学生が倉敷ファッションフロンティアで入選しました。

学生が倉敷ファッションフロンティアで入選しました。

倉敷芸術科学大学芸術学部 2年次 潮 嘉子 さん(鳥取県立米子南高等学校出身)の作品「金魚の嫁入り」が倉敷ファッションフロンティア2017ジーンズ&カジュアルウェア部門で入選しました。水槽を泳ぐ金魚をイメージしてデザインした作品で金魚らしさを出すためにフリルの生地を何層にも重ね、生地はカジュアルなデニム生地で色は赤色にした作品です。

写真は、提出したデザイン画です。

倉敷フアッションフロンティア2017に提出したデザイン画

本作品は、2017前期開講科目「デザイン理論Ⅲ」(担当:デザイン芸術学科 特担准教授 久保 美沙登、非常勤講師 正宗 幸子)において制作した作品です。デザインの基礎を授業の中で行い、その応用として全国のコンペに応募したそうです。

ジーンズ&カジュアルウェア部門では、10点の作品が入選しており、2017年10月13日(金)に開催される最終審査会(入選者がデザイン画をもとに制作した作品をショー形式で行われる。)で各部門においてグランプリなど4点の作品が受賞する事になっています。

潮さんは、今後ショー(最終審査)でモデルが実際に着用する「金魚の嫁入り」を久保先生のサポートを受けながら制作していくそうです。

学生が倉敷ファッションフロンティアで入選しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする